コンタクトで目が疲れると感じたら~自分で出来る対処法~

コンタクトは便利だけど目が疲れるのはどうも・・・

コンタクトは20年前から使ってますが、最近は夜になると目が乾いてとても痛いのです。

育児の間は仕事は休んでましたが仕事に復帰してからもう3年、仕事の日は毎日目の疲れと闘ってる感じがします。

営業の仕事なので出来れば第一印象を良くしたいので、メガネで過ごすのも抵抗があります。

 

休日に家から出ない日なら一日中メガネで過ごす事もありますが、そんな日は目の疲れは全く感じません。

やっぱりコンタクト一日中使ってると目の負担って大きいんだろうなぁと思います。

目の乾きや痛み、疲れを解消する方法がないかなって思って少し調べてみることにしました。

 

コンタクトが目に与える影響は?

コンタクトを装着すると目とコンタクトの間は密閉されて空気が入りません。

涙は目に酸素を運ぶ役目をするんですが、コンタクトを装着していると涙がうまく浸透しないんです。

そして涙が目にいきわたらずに乾いた状態が長く続くと、目には色んな悪影響が出ます。

 

また、コンタクトを正しく使っていない人も危険です。

コンタクトには正しい装着方がありますよね?

正しく装着して毎日のケアを怠らなければ安全に使用出来ますが、慣れてくると段々コンタクトをつけっぱなしで寝てしまったり、レンズを洗うのも適当になりがちです。

気付いた時には角膜に傷がついていたとか、怖い話も耳にします。

そうならないように毎日のケアと装着方を改めて気を付けていかなくてはいけません。

 

ドライアイについて

ドライアイは目が乾燥する状態を言いますが、コンタクト愛用者にとっては放置しておくと大変なサインです。

涙の量が減少すると怖い病気を引き起こすリスクが高くなるので、目薬をさして終わりではなくちゃんとした対処をする事が大事です。

 

ドライアイの予防や改善には、目を休める事が大切です。

瞬きを意識的にすることによって、目を乾燥から守ります。

また、蒸しタオルなどで温めることで、血行も良くなりリラックスにも繋がります。

ストレスからもドライアイになりますから、パソコンなどで夢中になったら一旦離れて休憩し、背伸びを思い切りしたいものです。

目の疲れに良い対策は?

コンタクトを正しく使い、目も適度に休ませてもなかなか症状が改善しない人も多いはず。

いっそコンタクトをやめたらもっと楽になれるんでしょうが、なかなかそうもいきません。

私のように40を過ぎてコンタクトを使用していると、目の疲れがどんどん溜まってきて目を休めても追いつかなくなります。

 

そこで、目に良いとされるものを普段から摂取するという手もあります。

目に良いとされる栄養素は、ビタミンA・B群・Cやアントシアニンやアスタキサンチンなどです。

うなぎやレバー・チーズ、ブロッコリーやホウレン草にブルーベリーも目に良い食べ物として知られていますね。

こういった食べ物を普段から意識して摂るようにする事も大切です。

 

ただ、なかなか食事だけでは補うのは難しいですから、サプリメントを活用するのが有効です。

目に良いとされるサプリメントもたくさんありますから、納得できる商品を選ぶと良いですね。

私は「めなり」というサプリメントを飲み始めました。

他にも似たような商品が多く、正直迷いましたが成分で比較するとこれが一番目に良さそうと思ったのが「めなり」でした。

 

飲み続けて2週間位で、なんとなく明るくクリアな感じがしました。

コンタクトを使用した後に襲ってくる、目を覆いたくなるような疲労感もなくなりました。

正直こんなに早く効果が出るのかなって驚きましたが、他には何も理由がないので素直にめなりのおかげなんだと思います。

視力がよくなったりとか、そういう効果はないみたいですが、なんとなく目が若返ったようなそんな感じで毎日を過ごせています。

 

めなりの公式サイトはこちら